1円抜きでも利益が出る低位株のからくり

1円
株式投資であえて低位株に注目し、1円抜きという投資方法にて取り組む人がおられます。
1円抜きは低位株ならではの取り組みとなります。
また、高値の銘柄で多くの単元数を購入すれば莫大な資金が必要となります。
低位株であれば、複数単元をまとめて購入しても資金が少なく済むことがあります。
そもそも呼び値が10円単位である場合1円抜きは出来ません。
低位株の場合、0.1円から1円までの呼び値で動きます。

低位株とは一般に100株単元で売買される銘柄で300円以下で推移する銘柄を言います。
このような銘柄は、株価が大きく上昇する要素が企業に乏しく、財務内容の悪化が見られる傾向があります。
ただし、このような銘柄は纏まった単元数を取引することが可能です。
例として現在値が10円の銘柄の場合、100株で1000円、10万株購入して100万円です。
10万株100万円で取得して11円で利益確定すれば110万円で、10万円の利益が出ます。

低位株の中でも超低位株の場合、1円抜きにて利益を得る目的で投資をするトレーダーが多く、板を見ると売り注文と買い注文が非常に多く出ており、1円2円の攻防で取引が行われています。
株式投資の場合、チャートを活用したテクニカル分析や業績や銘柄に影響を与える環境を検討したファンダメンタルズ分析が標準的な投資判断を促す要素と考えられています。
テクニカル分析はこれまでの投資経験からチャートを活用して売買ポイントを決め、レスポンスの良い売買を行わなければいけませんので利益を出すにはかなりのテクニックが必要となります。
ファンダメンタルズ分析の場合、業績に影響を与える様々な要素を検討し、今後の業績を予想するため、これも非常に難しいと考えられています。
相場を読むことはプロでも困難と言われています。
1円抜きにはこれらのテクニックが必要なく、購入単価から1円高く売れれば利益が出るため、難しい投資判断が求められないことが良いと言われています。

低位株での1円抜きでの注意点

低位株で1円抜きする投資法は簡単であるように思いますが、この投資法に存在するリスクも存在します。
1円抜きに取り組むトレーダーはこの投資法そのものがリスク回避と考える人も多いです。
しかし、株式投資には投資元本を割り込む恐れのある金融投資であるため、これを理解せずに株式投資に取り組むことはそれそのものが最大のリスクとなります。

低位株や超低位株に手を出す注意点は様々で、約定が難しい点や上場廃止のリスクもあります。
元々、低位で推移している銘柄はすでに企業業績が悪化しているケースが多いため、経営破たんの懸念は否めません。
上場廃止となれば市場での取引が出来なくなり、破たんを迎えた企業の株式は効力がなく、紙くず同然となります。
また、1円抜きを取り組む場合、何回かに分けて注文を出すと手数料も数回求められますので、コストとして大きくなります。
これほどの危険性がある1円抜きをどうして取り組むのかと言えば、注文板で売り方、買い方の注文を確認して取り組んでいるトレーダーが多いです。
上場廃止に関しては企業側にその要因が高いですが、注文数が多いことはこの銘柄に注目しているトレーダーが多いことを示し、一つの安心材料になります。
危険性を分かりつつも、投資判断の簡単さから取り組む人が多いですが、リスク回避の方法としてリバース注文をする人も多いです。

リバース注文とは、買い注文と売り注文を同時に出せる仕組みであり、10円で買った銘柄をのちに11円で売るという注文を一気に出す方法です。
ただこの方法でも互いの注文で約定が難しいため、必ず売買が成立するとは限りません。
買えても売れないこともあります。
手数料や税のコストと共に上場廃止の懸念を考えこれらの注意点に気を付けて投資に取り組みましょう。