初心者でも簡単にできる株取引

株取引に成功した初心者の男性
株取引というと、投資についての専門的な知識がある一部の成功者以外は損をする、初心者が気安く手を出してはいけないと考える人もいますが、実は初心者でも簡単に株取引で利益をあげることは可能です。
株式は銀行や証券会社で購入できますので、まずは口座開設をします。
インターネット上の証券会社なら、住所などを入力し写真付身分証明書をスマートフォンで撮影して送信するだけで口座開設できるので簡単です。

初心者が初めて株式を買う時は、企業の知名度が高い株式を購入したがる傾向があります。
ハイリターンよりもローリスクを優先することは正しいことですが、知名度の高い企業は株価も高いため、チャートを見ながら株価が安いタイミングで買う、という慎重さが大切です。
どの企業でも年に1回か2回の決算があり、株価は決算直後に一時的に下ります。決算直後の時期に買うと普段は成績が良くて株価の高い株式が、安い株価で購入できてお得です。

銀行などで買う場合は証券の担当者を通じて、インターネット上の証券会社で買う場合は、買う口数を入力して購入します。
銀行は担当者が購入手続きを代行してくれるうえ、チャートの見方などプロのアドバイスを受けることができ、買うべきタイミングやキャンペーンなどがあれば、逐一知らせてくれるので株の初心者でも安心です。
インターネット上の証券会社は、自分でチャートを見ながら買う時期を決めて、収益も自分で管理しなければなりませんが、わずらわしいセールスなどが無く、株の売り買いの度に毎回銀行へ赴く手間も必要ありません。

銀行もインターネット上の証券会社も、どちらもそれぞれにメリットがあるので、自分に合う方で株を購入します。
企業の知名度にこだわらず、安い株価で上昇率の高い株を選んで買うと株取引で成功するので、銀行で買う場合は担当者のアドバイスに、インターネット上の証券会社で買う場合は、証券会社の配信メールなどの情報に従うのがコツです。

初心者はスクリーニングを使って株を選ぶ

初心者が買うべき株式を選ぶ時、銀行ならプロのアドバイスを受ければ良いだけですが、インターネット上の証券会社で買う場合は、スクリーニングを利用して買うと上手くいきます。
スクリーニングとは、ふるいわけをするという意味で、購入者が株式に対して様々な条件をつけて銘柄を絞り込むことです。

スクリーニングを行うと、企業の高い知名度に比例して株価も高い株式だけではなく、企業の知名度は低くても、ハイリターンで株価の安い株式を見つけることができます。
無料のスクリーニングツールやスマートフォン向けのスクリーニングアプリが豊富に配信されているため、自分にとって最も使いやすいスクリーニングツールやアプリをダウンロードして比較検討してから買うのがおすすめです。
スクリーニングでは、自分の興味のある分野の銘柄や株価、チャートの上昇率やキャンペーンの有無などでも条件検索できます。

初心者では、株価のチャートを見るだけでは予想しにくい売り買いの時期もスクリーニングツールやアプリを利用すれば、かなり狭まったタイミングまで絞れるため便利です。
初心者は短期間で利益が出ないと株取引のやる気を保ち続けられないので、スクリーニングで利益の出やすい株を見つけてコンスタントにリターンを出していくことで株取引のプロになっていけます。

スクリーニングのメリットは、株価の高い時期に売ったり安い時期に買ったりというタイミングをはかるだけではなく、知名度が低く株価も安い株を見つけて購入し、その株価が上昇するまで待つ間、育成を楽しめるという点です。
資産運用以外の目的が生まれるため株取引への興味が強くなり、購入者自身の投資スキルも上がります。
スキルが上がれば更に利益を出せるようになっていくので、スクリーニングは初心者にうってつけのツールです。