低位株にギャンブル性を求めるのは危険

危険のイメージ
低位株の一般的な定義は定かではないですが、まず株価が低い水準にある状態の株であり、一日の株価の変動率もそれほど存在しない状態にあります。
大体、300円以下の株価のことを言うと解釈され、低位株は個人投資家であれば株価が安い点で購入しやすいため人気になっています。

低位株の魅力は、将来的に株価が値上がりし続けて大型株に化ける場合もありますが、原則としてギャンブル性を低位株に求めるのは危険であります。
例えば個人投資家が一獲千金を目指して、購入する場合には株価の変動率がそれほどないため、売却益を上げるまでに至らないケースがほとんどです。

特に低位株で個人投資家が考えることには、そういった銘柄を積極的に購入して、下がればまた購入するといった具合に上がるの待って購入し続けるケースがあります。
資金がそれほどないデイトレーダーでは、そういった銘柄で値上がり率がトップに登場するとそれを狙う方も多いです。
値上がり率トップについては、元々株価が低い水準にあるため、少しの上昇でも変動率の幅が大きくなるため、値上がり率トップになりやすい点があります。

しかしながら低位株は、事業の業績が悪い等の低位である理由が存在するため、過信してギャンブル性を追い求めてしまうことは止めた方が良いです。
チャートを見ると大抵は一時的に値上がり率上位になることもありますが、次の日には値下がり率上位になってしまうこともあり、値上がりし続けるだろうという予測で購入するのは間違っています。
低位株が連日ストップ高を付けることもありますが、ほとんどが一時的になりやすく、将来的には元の水準の株価に戻るケースも多いです。
なおNISA口座をお持ちの方は、年間の取引金額に応じて売却益が発生した場合、証券に関する課税が非課税になるため、ギャンブル性を求めないならそういった銘柄を選択する余地はあります。
チャートなどを見てギャンブル性を求めるデイトレーダーには比較的に不利な銘柄であることは確かです。

低位株の銘柄の変動率をチェック

NISA口座をお持ちの方で年間の証券取引が非課税になる方は、ギャンブル性を求めるよりも確かな投資として低位株を購入することは最適です。
投資は将来の売却益を見越して銘柄を購入しますが、低位株には伸びしろがあるというメリットが存在します。
つまり大型株ではそのまま上がり続けることは考えられなく、低位株ならその水準が低いため、相場の動向次第によっては上昇する余地もあります。

逆に将来、値上がりする可能性を秘めていても現在の株価から下がりにくいという特徴も存在します。
値下がりしてもさほど痛手を被らない程度となることが多いです。
低位株を投資する上では銘柄の変動率をチェックすることから始めることが大事で、特に一年単位での変動率といった様に長期間の材料を元に判断することが好まれます。
チャートで言えば、日足・週足・月足の三つが存在しますが、週足を利用することが良いです。

特に短期的なスパンでの投資判断は、たまたま市場の需給が存在したから値上げに繋がったという理由になることも多いです。
NISA口座をお持ちの方は、年間の取引金額に応じて売却益が非課税になるかどうかが決まりますが、少しの売却益があれば利益を確定する戦略をとることができます。

日頃から低位株の変動率をチェックして、通常とあり得ない値上がりの変動率が存在した時に迷わず、その銘柄を売るという方法があります。
また値上がりし続けた場合を考えて、値上がりが見込まれる銘柄を大量に購入しておき、一部ずつ売却していくという戦略も適しています。
このように低位株では、短期的にギャンブル性を追い求めるよりも長期的な視点に立って、売り買いの取引を行い、そのなかで売却益を随時、確定していくことがポイントとなります。