低位株にも株主優待がある

倒産
まず初めに低位株とは何かと言いますと、分かりやすく一言で表現すれば、「値段が安い株」です。
2円~500円以下で購入でき、あまりにも安いので、ボロ株と言われています。値段が安い理由としては、会社の業績が悪く、倒産の可能性がある株だからです。
倒産するかもしれない銘柄株を、普通の考えであれば購入は控えるところですが、低位株は大化けする場合もあり、ニーズがあります。

株価50円の株式が、思わぬきっかけで、株価150円とか200円になる場合があるので、値が上がってくると稼げるということで、購入する人がいます。
値段が安いので、気軽に買い易いのがポイントとなっています。定期的に上げ下げの動きがあると、稼げるチャンスということで、株の動きを見て皆さん買っているようです。
値が低い期間に購入し、上昇してきたところで売って稼ぎます。この方法もありますが、低位株を買った後、長年待ち続ける投資方法もあります。

低位株と言えど、ちゃんと株主優待がある銘柄もあります。
株主優待がある銘柄の特徴としては、創業者が最悪な時期を乗り越えて業績が上昇してきた、あるいは株価を上昇させ、上昇を保つために優待制度を設けた、などの理由がある会社です。
なので、低位株ではありますが、どちらかと言えば比較的、安心して購入できる株と言えます。
ですが中には会社の創業者が、上場を維持するため時価総額を上げ、株式の売り逃げをすることもあるので、低位株なのに上昇維持が継続しているなら、売り逃げされるかもしれないと、注意して見るようにしましょう。
上昇させたい理由が、M&Aの資金入手のためなどであれば、株価の立ち直りの可能性がある低位株と言えるので、購入していいかもしれません。

低位株は、買っても上昇が期待でき、倒産する可能性がなく、安定している銘柄を選ぶようにしましょう。
低位株購入のメリットは、結構下がった場合でも、含み損が少なく打撃がそれほどでもないことです。

低位株の株主優待には持ち株数によって違う

低位株の株主優待は、持っている株数により違ってきます。
株数が多いほど、優待を多く受けられます。株数を増やす方法として、家族名義で株式を購入し、人数を増やして優待を沢山受け取る人もいます。
勿論一人で、株数を増やし購入して大丈夫です。
ですが株主優待が増えるケースと、変わらないケースがあるので、購入しようとしている株は、株主優待が増えるかどうか、よく調べて購入したほうがいいです。

優待券を入手したら、ネットオークションで転売したり、金券ショップで換金して、お小遣い稼ぎもできます。
優待内容は企業により様々ですが、自社製品の詰め合わせギフトがもらえる、サービス製品に使える商品券・金券・クーポン割引券・無料券のプレゼント、会社がある地域ならではの名産品などが贈られてくる、などがあります。
株主優待制度は、海外ではほとんど実施されておらず、日本ならではの株主還元になっています。
日本の風習である、お中元やお歳暮など贈答文化より、考えられた優待制度と言われています。
なぜ優待があるのかと言うと、会社が個人株主を増やしたくて、株主優待を株購入のきっかけにしてもらいたいという、背景があるようです。

この株主優待は、給与以外の収入と合わせ、20万円以上になる場合、雑所得ということで確定申告をしなければいけません。
又、いくつか証券会社を分散して、銘柄を持つ場合は、優待内容を増やせないです。株主優待制度の基準が、証券会社別ではなく、株主名簿単位となっています。
そのため、持ち株数が合計されてしまいます。気をつけるポイントは、低位株だけに株主優待を廃止する企業もあることです。
会社の業績を見ながら、持ち株数を増やして購入してもいいか、判断材料にするといいでしょう。