低位株で投資を成功させる方法

成功のイメージ
低位株には企業規模に応じて2種類の株価の動き方が期待できます。
株価だけに注目するのではなく、どちらの値動きを期待して投資するのかを予め考えておくことが重要であり、戦略も異なってきます。

まずは、大型株と言われる時価総額の大きい低位株です。
重厚長大産業にそのような銘柄が多く、社会インフラを構築している観点からも業績の上下が少ないと言われています。
殆どが1000株単位での購入になりますが、100株で購入できる銘柄もあり、資金の少ない投資家にはありがたいものです。通常の銘柄と比べて大きな損失を出しにくいといって良いでしょう。

購入タイミングとしては株価が下落したところを拾うことになりますが、ナンピン買いが有効な戦略となります。
ナンピン買いは下落した時に追加で株式を購入し、平均購入単価を下げる投資方法です。
例えば200円で100株購入すると平均購入単価は200円ですが、下落時に100円でさらに100株購入すると平均は150円となります。
その後150円以上まで戻せば利益が出ますし、最初の購入時の200円まで戻ればかなりの利益になるでしょう。長期的に下落している銘柄でも利益が出る方法です。簡単に損切りはしない方が良いでしょう。

もう一つは、低位株か時価総額の小さい銘柄です。
この類型の銘柄は投機筋の買いが入ることがあり、ある日を境に急激に株価が上昇するのが特徴です。
新興市場やベンチャーに多く、少ない投資で大きな利益が出る可能性があります。市場全体の動きとは関係がありませんので、購入タイミングにもより自由度があります。
しかしどの銘柄が急騰するかはわかりませんし、倒産の危険性も高いです。
ナンピン買いで追いかけるときも、数万円単位で少しずつ保有していくのが賢い方法です。ある意味宝くじのような存在と言えます。
10回に1回も成功するかはわかりませんが、宝くじと異なるのは運が全てではないことです。企業を見る目で将来の高騰を予測するのがこの投資方法の醍醐味です。

低位株で成功するには資金管理が重要

急騰を狙った低位株投資では、冷静に資金管理を行う必要があります。
あくまでも最低購入額が少なく済むことから、株価を観察するものの、むやみにナンピン買いを繰り返すパターンに陥りがちです。
ナンピン買いは株価の下落が続く限り、回数が増えるごとに効果が少なくなります。
保有している株数が増えるわけですから、平均単価を下げるにはより多くの株数が必要となるからです。5回、10回と繰り返すようなことはするべきではありません。

時価総額の小さい企業は、急騰の時期に入るととてつもないスピードで株価が上昇します。
そのため資金管理を確実に行い、大型株よりも値幅を持たせたナンピン買いを行うことを念頭に置きましょう。購入時の半額以下になってからでも良いのではないでしょうか。
観察を続けるうちに、早く取引を行いたい衝動に駆られます。
下落が続いた後での急騰は、すぐに値上がりが終わってしまいそうな気になりますが、そこをしっかり待てるかも低位株投資を行う投資家としての資質なのでしょう。

あと何回のナンピン買いに耐えられるのか。これを資金管理を行うことで絶えず理解しておくべきです。
例えば余力が少なくなってきた場合は次の購入タイミングを下げるなど、状況に応じた戦略を採ることができます。

株式投資は考え方によるところがあり、損切りも見方を変えれば空売りと同じです。
これからも下がるだろうと見込んで損切りし、そのとおりになれば安値で買い戻すことができます。
一度これが成功すれば収支はかなり向上するでしょう。その後急騰が来れば言う事はありません。しかし、取引の基本的な考え方は堅持するべきです。
株式投資で成功する人は自らの見通しを簡単には変えません。根拠を持っているからです。まずは、これから需要が高まりそうな商材を扱う企業を探してみましょう。