低位株での安定的に稼ぐ方法

500円
株式投資初心者が注目する株に割安株や低位株というものがあります。
割安株と低位株というのは一見似ていますが、全く別の概念で、割安株は過去の価格推移や直近業績、株価に影響を及ぼすファンダメンタルズ等の環境から考えて現在値が割安であると考えられる銘柄です。
一方で低位株は500円以下の価格で低く推移する銘柄を言います。
中には2ケタの価格の超低位株という銘柄もあります。

低位株は少額購入で取引が可能です。
低位株に期待することは、将来の株価上昇や急騰です。
先ほど、500円以下の銘柄を低位株と言いましたが、実際には低位に基準価格は無く、また、1000株単位が最低購買単価である場合、これを低位株とは言いません。

現在、株式分割や併合などが進み、多くの企業で100株単位で売買されます。
1単元が1000株で300円であれば、現在の市場環境では価格の変動率が低く、それほど値動きがありません。
100株が1単元である場合、アグレッシブに価格が動くことがあります。
100株で3000円であっても1000株で300円であっても購買価格は一緒ですが、1000株単位の方が値動きは鈍いです。
安定して低位株で利益を出すには対象となる低位株の銘柄選択をする必要があります。
株式投資には投資元本を割り込むリスクが存在し、とくに超低位株の銘柄の場合、管理銘柄となることや上場廃止となる懸念もあります。

投資の基本は、自身が持つ資金の中から投資可能な余裕資金で取り組み、常に気持ちの余裕を持つことが冷静な投資判断を促します。
過剰に資金を投じれば冷静な投資マインドは保てず、大きな損失を招くことがあります。
損失を補うために難平買いを繰り返すもすべて高値掴みであったという結果になることもあるでしょう。
資金に余裕がないと焦りが出ます。
株式投資は、正しい資金管理と十分なリスクの理解をした上で、無理のない範囲で自分に合った投資方法で取り組むことが良いでしょう。

低位株で安定した収入を得るなら株銘柄を見極める

低位株で安定した収入を得る場合、銘柄選びはしっかりと見極めなければいけません。
日本株推移の基準に日経平均株価やトピックスがありますが、構成銘柄の平均価格や指数平均であり、必ずしも上場全株式の平均ではないため、低位株と連動していないこともあります。
低位株のリスクは、短期での価格変動が期待できないことから中長期間で投資を検討し、その間株が上振れるか下振れるか不安が続きます。
万が一株価が下降トレンドとなると反転するまでに時間がかかります。

リスク回避の方法として下降トレンドが見られる場合、空売りを同時にしておくことも良いです。
この方法をデリバティブ取引と言います。
デリバティブ取引は、相場の変動リスクを回避する方法で、万が一現物株価が下がったとしても空売りを掛けてあれば、そちらで利益が出て損益を通算できます。
先にも言いましたように低位株は株価変動率が低い傾向が見られますが、もっとも注意したいのが財務内容の安定が見られる銘柄に注目しましょう。
直近業績が良好な銘柄は安定した配当を出します。

また、有利子負債が少なく、利益剰余金が潤沢な企業は財務的に健全であるため中長期間の投資メリットが高いです。
100円を下回る銘柄の場合、業績不振で株価を押し上げる材料が乏しいですが、仕手筋による株価の吊り上げがあり、急騰することがありますが、そこで手を出すと高値掴みとなる可能性があるので注意しましょう。
日経平均株価が高値圏にある全体相場の底上げとなると低位株も高値であることがあるため、チャートの監視が必要です。
一気に多くの単元を購入するよりも、時系列で資金を分けて少額購入すると平均価格を下げることが出来、ある意味リスクヘッジとなるでしょう。